Menu

tDiary: クマープラグインを改良

 クマープラグインを改良し、表示の崩れや変換漏れをなくした。もはやオリジナルのbookmarkletの原形をとどめていないが、これでほぼ完璧かな。ここ数日の日記に関してはいい感じでクマってくれるね。

 しかし、奇妙な現象や厄介な問題もいろいろあった。

  • document.body.innerHTMLで取れる文字列は、元の生のHTMLとは異なり、ブラウザによって微妙に整形されている。

     たとえば、タグ名が大文字になっていたり、タグの属性値を括る引用符が除去されていたり、テキストの途中に適当に改行が挿入されていたりする。正規表現マッチではそれらもケアする必要があるので面倒だ。たとえば、/

    /ではなく/
    /i/(.*?)<\/strong>/ではなく/((?:.|\n)*?)<\/strong>/i、のように。

  • Mozillaは、長大なテキストのマッチングに問題があるようだ。

     正規表現パターンが長大な文字列にマッチしないよう、「*」や「+」はそれぞれ「{0,100}」や「{1,100}」と長さを制限する、あるいは適当な長さで切り前半部分にマッチしたら残りをRegExp.rightContextに対してマッチさせる、のような小細工で回避する必要がある。

  • JavaScriptの無名関数は、それが置かれたコンテクストにおけるローカル変数にアクセスできない。

     JavaScriptでもstr.replace(/(re)(ge)(xp)/g, function ($0, $1, $2, $3) { return $1 + $2.toUpperCase() + $3; })のように置換文字列を動的に設定できるようになったのはいいが、この無名関数の中から外のローカル変数を参照できないのが痛い。仕方がないので、グローバル変数(トップレベルで宣言された変数)を介してやりとりするよりほかない。

  • 所構わずdiv要素を挿入するとレイアウトが乱れる。

     クマーAAのようにブロックレベルで挿入したいからといって、何も考えずにdiv要素を使うのはまずい。なぜなら、HTMLにおいてはdiv要素を置ける場所が限定されているからだ。たとえば、p要素中にdivを入れるのは文法違反なので、div以降の内容についてのスタイルの設定が無効になったりするが、文句は言えない。

     これを避けるのは簡単で、比較的どこにでも置けるspanタグを使い、で挿入すればOKだ。(別にspanでなくてもいいが)

 ていうか、意外とクマーボタン好評だな…。

4 Replies to “tDiary: クマープラグインを改良”

  1. ボタンを押すと画面全部「クマー」になっちゃうんですねー。思わず探しまくってしまいました。

  2. ログで確認しましたが Mozilla 1.0.2 ですか!Debian woodyかな?
    てことは Netscape 7.0 (たしか Mozilla 1.0.1 ベース)でもだめそうですね。
    手元では 1.7.1 と 1.8a2 で確認しただけです。_|‾|○
    Mozilla 1.4/Netscape 7.1 ではどうだろう。
    あとでテストしてみますクマー…

  3. 新しいMozillaに入れ換えた方がよさげですねぇ。
    お家の古い赤帽でも試してみますー。楽しいから:-)

  4. ああ、画面全部ってそういう意味か。そうです。ボタンのある日の分だけではなくて、全体がクマるのが意図した動作です。手元でも Mozilla 1.0.2 で試してうまく行きました。
    その日だけ変換するようにもできますが、全部クマった方が楽しいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。