Menu

tDiary – tdiary-mode-hook

 tdiary-mode-hookは、次のように設定している。

(add-hook
 'tdiary-mode-hook
 '(lambda ()
    (add-local-hook
     'kill-buffer-hook
     '(lambda ()
	(and (buffer-modified-p)
	     (not (yes-or-no-p (format "Buffer %s is modified; kill anyway? "
				       (buffer-name))))
	     (error "Aborted"))))
 
    (local-set-key "\C-i" 'tdiary-complete-plugin)
 
    (defun tdiary-read-title (date)
      (and
       (or (not (stringp tdiary-title))
	   (eq (length tdiary-title) 0))
       (string-match "\\([0-9][0-9][0-9][0-9]\\)\\([0-9][0-9]\\)\\([0-9][0-9]\\)"
		     tdiary-date)
       (setq tdiary-title
	     (concat (match-string 1 tdiary-date) "-"
		     (match-string 2 tdiary-date) "-"
		     (match-string 3 tdiary-date) "の日記")))
      (read-string (concat "Title for " date ": ") tdiary-title))))
  • Emacsではファイルに結びついていないバッファは確認なしにkillできてしまうので、書きかけの日記がアップロードしないまま消えることのないよう、確認を入れるようにする。
  • C-iでもプラグインを呼び出せるようにする。
  • 日記のタイトルは毎日「YYYY-MM-DDの日記」にしているので、勝手に設定させる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。