Menu

樅ノ木大詰め / 安吾

  • 山本周五郎「樅ノ木は残った (下)」(新潮文庫)

     まだ読み終わってないのかよ!って感じですが、下巻がいちばんおもしろいね。じっくり読み進んでいます。

  • 坂口安吾「肝臓先生」(角川文庫)

     懐かしい。坂口安吾は高校生以来だ。告白に次ぐ告白という形式に創作性を込める文体は、僕の理想でもある。そしてデカダンス!デカダンス!デカダンス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。