• 星新一「ようこそ地球さん」(新潮文庫)

     現実離れした舞台、適度な暗さ、度肝を抜かない程度の結末、難しさの排除、など、今の自分にはありがたい仕様の一冊だ。


Categories :