• 東野 圭吾「十字屋敷のピエロ」(講談社文庫)

     先週読み終えた。中編にしては事件に関わる登場人物が多すぎ、それぞれの性格やバックグラウンドが描き切れていない気がする。最後のミニどんでん返しも今一つ必然性が薄い。東野作品としてはあまりおもしろくなかったというのが率直な感想。

  • 笠井 潔「薔薇の女」(創元推理文庫)

     読み始め早々、次々と事件が起こり、前作までとはまた異なる展開に期待が高まる。もっとも、事件や推理自体にはあまり興味はない。事件のキーパーソンとカケルとの思想対決がいちばんの見所なので、推理に余計な頭を使うのは避け、事件は舞台装置と思ってさらっと読んでいる。さてさて…


Categories :