Menu

三ヶ国狂技会@新宿Live Freak

 新宿Live Freakの三ヶ国狂技会に行ってきた。このイベントを企画した高円寺の喫茶プログレ店長のあいさつに続き、ソロギタリストのSparkyのオープニングアクトで耳を慣らしたら、3バンドの怒涛の競演に突入した。

 まずはダムダム団。知らないバンドだったが、これが望外によかった!いきなりハイテンションでパワフルな演奏が炸裂し、一気に観衆の心を鷲掴んだ。プログレッシブロックというよりはパンクロックかもしれないが、曲のノリが最高で、演奏のレベルも高かった。あの鬼気迫る迫真のドラミングには惚れた。MCも最高。晴れているからといって安心してはいけないということがよくわかった。そしてドラマーのダイブを初めて見た!

 あまりによかったので、帰りにCD-Rを買って帰った。

ダムダム団
ダムダム団 g.兼vo.
ダムダム団 dr.

 そして内核の波に続く。ロックだぜ!これは試聴して期待していたが、期待以上のおもしろさだった。ドラムがものすごく素晴らしかった。速くて複雑なリズムを軽々とこなす姿は、小森啓資のプレイを彷彿とさせた。盤石のリズムに乗ってベースとギターがタイトにシンクロし、またバトルする。そこに生音感あふれるフルートですよ。ギタリストはたまにトランペットも吹き、フルートと絡む。ベースのMCは今日はやや調子が悪かったようだが、ユーモアの片鱗をきらきらと見せていてかなり可笑しかった。

 このバンドもかなりおもしろかった。CDも買ってきたので後で聴くのが楽しみだ。

内核の波 b.
内核の波 g.
内核の波 fl.
内核の波 dr.

 トリは待ってましたのる*しろう。CDを店頭販売しているというのはやはり大きい。おそらく、ほとんどの人が彼らを目当てに来たと思われる。これまでのバンドで乗ってかなり発散してしまったこともあり、観客はみな聴きムードに入っていた。

 ちょうどその雰囲気に合わせるかのように、静かにしっとり曲で始まった。ぴたりだ。そしてヲーリーすーる、おんばしら、鳥、はとなどアルバムから続々と演奏したので、アレンジの部分以外はなんとかのることができて楽しかった。

 しかし、あの変態的なリズムと取り付かれたような弾きまくりと狂ったような叫びまくりに果たしてどれだけの観客がついて来られたかは定かではない。自分も、二回目なのでせめて三人がどうやって、あるいはどこでお互いのリズムを取っているのかくらいはチェックしたかったが、目線や足の動きを見てもさっぱりわからなかった。

 菅沼さんの超絶的なドラムソロに驚嘆し、井筒さんのアランホールズワース以上にまったく先の予想できないギターに悶え、金澤さんの細い指の激しい動きに感動し、最後は彼女のベースまで見られて中身が濃かった。これからどうなっちゃうのか、目が離せない。

金澤美也子 on piano
井筒好治 on g.
菅沼道昭 on dr.
金澤美也子 on bass

 それにしても、予想以上にたくさん人が入っていて驚いた。毎週のようにライブがあるし、プログレは今いちばん熱い!

3 Replies to “三ヶ国狂技会@新宿Live Freak”

  1. すごい人出でしたね。クーラーの下にいたにもかかわらず、音楽も気温も体温も熱くなりまくりました。東京で次やるのは未定のようですが、また行きます。誰かを引きずって行きます…

  2. ところで、ダムダム団のリンクがまちがっていたので直しました。ウェブサイトに試聴音源もあるので、ぜひ行って聴いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。