+ 激しく寝坊 +

投稿者: | 2004年6月6日

 昨日は、今日のため3時半ごろ床に就いた。しかし、慣れない早寝なんかするもんじゃなかった。また何か嫌な夢を見て、ふっと目が覚めたら6時半だった。なんだ、まだ早いじゃん。少しまどろんだらちゃんと起きよう、と思って目を閉じる。

 しばらくすると、携帯がガクガクブルブルワンワンと鳴り出した。なんだよ朝っぱらから。まだ7時を回ったくらいだろう?もう少し寝かせてくれよ。しかし、切れてもまた鳴る。うるさいからシカト。そしたらまた鳴った。それが5回くらい繰り返されて、いい加減うんざりして起きた。そしたらいつのまにか10時ですよ!!

 ガーン。いちばん気合いが入っていた俺が寝坊・・・!あろうことか第一試合に遅刻っ・・・大事な初戦でいきなり大将を温存っ・・・!

 これにはさすがの俺も猛省…しつつ、急いで支度して浜松町へ。あいにくの雨だ。この街に来るときはいつも雨が降っている気がする。遅刻した心がさらに湿り、曇っていく…。

 しかも、産業貿易センタービルと世界貿易センタービルを間違えて、39階なんかに上ってしまい、豪華な披露宴会場に顔を出した挙げ句「○×さんのお知り合いの方ですか?」などと聞かれてしまう。いえ、もうそんなあれじゃないんです。もうだめぽ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。