Menu

茫然とする技術

  • 宮沢章夫「茫然とする技術

     Village Vanguardで手にとって買ってみたが、あまりツボにはまらなかった。立ち読みした節がたまたま当たりだったようだ。今ではこの手の脱力系がありふれてしまったからかなあ。話題も微妙に時代を感じたりして、これはリアルタイムで読むべき本だったかもしれない、と思った。物を書くことに行き詰まったときには、こういうたわいのない話の連発に刺激を受けるところがあるかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。