白い恐怖

投稿者: | 2004年4月10日

 ふと、あるサイトを見ていて自分が絵を描くのが苦手な理由がわかった。

 昔から、白い画用紙が怖かったんだ。

 何色に塗ってもいいという漠然とした自由が大きな口を開けている。自分は白い光の世界に生きているとは思っていないから、身の置き場がわからず、そら恐しく思えた。俺は、制約の中で力を発揮するタイプなのかもしれない。枠をはみ出すにも、枠が必要なのだ。

 そうか(・∀・)!へぼい絵も額縁をつければそれなりに見えるというのは、つまりそういうことか!(ちがうよ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。