Menu

東野圭吾「悪意」

  • 東野圭吾「悪意

     これは自分が初めて読んだ東野圭吾作品。ひさしぶりに読み直した。これはおもしろいなあ。「設定」という言葉は大嫌いなのだが、あえて言えば状況設定に感心した。タイトルから先に思いついてストーリーを構築したとしたら、もう拝んじゃうくらいすごいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。