続き物

投稿者: | 2004年1月28日

 時間がないとこうなるな。

  • 福本伸行「最強伝説黒沢 (2)」(ヤングマガジンコミックス)

     福本作品としては新しい形態かも。ダメ人間が主人公なのは相変わらずだが、黒沢は中年だから、特に対決相手が長ぜりふを吐かなくても自分で一家言持っているわけだ。

  • 福本伸行「賭博破戒録カイジ (11)」(ヤングマガジンコミックス)

     相変わらず進行遅えなあ。。

  • 北条司「エンジェル・ハート (9)」(新潮社)

     ストーリーが展開進展してほしい気もするが、してほしくない気も。

  • 星新一「エヌ氏の遊園地」(新潮文庫)

     創作意欲の刺激になる。さすがに何冊も読んでいるとマンネリを感じてくるが、不条理のマンネリはさほど悪くない。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。