Menu

武蔵野文庫のコーヒー

 コーヒーもむりやり「茶」カテゴリに入れてしまおう。僕が紅茶ばかり飲んでると思ったら、間違いところか大間違いである。外では頻繁にコーヒーを飲む。家にもコーヒーは数種類常備してあるのだが、なぜか家だとあまり飲まないんだな。家でコーヒーを飲むと落ち着かない気分になるのは、子供のころコーヒーは大人の飲み物で云々教えられたトラウマだろうか。

 この間は多奈加亭で紅茶とレアチーズケーキを楽しんだので、今日は隣の武蔵野文庫でコーヒーと茶房ババロア(レモン風味)をオーダー。なんか、店員の接客にノリが感じられない。有無を言わさずカウンター席だし、注文を取るのもカウンター越しだし。でもまあ、酸味の効いたコーヒーはなかなかだし、ババロアもさっぱりしていて旨かった。ていうか上に乗ってるレモンのスライスはまるごと食っていいの?食っちゃうよ?食っちゃって後で苦くて後悔。コーヒーじゃなくて紅茶なら、迷ったらカップに浮かべてごまかすところだが、しかし、エビのてんぷらの尻尾を残すわけにはいかないのと同様、ババロアのレモンも食わねばならぬのだ。だっていいじゃねえかレモ(略) (そんなに後悔したのかYO)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。