mannaでK-1観戦

投稿者: | 2004年6月6日

よなよなエール生

 今日もmannaった。やっぱしまずはよなよなの生でしょ!クリーミーな泡がすごすぎ。後ろのハンドポンプで樽から直に汲み上げてくれます。右上に写る胡乱な影は、マスターのY田さん。

 お通しはレンコンやきぬさやのサラダ。ドレッシングがクリーミーなのでよなよなとの相性もGood。

Duvel

 続いてDuvel。複雑ながらさわやかな味と香り。これはこないだグラスとセットで四本くらい買ったから家でも飲めるゾー。今週中には他の数種類のビールと共に届くはずだから、今週はmannaは行かないカモ…。

 つまみは焙り生ビーフジャーキー。文字通り生を焙ったものだが、スモークされたものとはまた違い、本来の風味とうまみが活きていておいしかった。

Chimai White

 シメイホワイトは、ひょっとすると初めてかもしれない。どうせシメイを飲むならレッドかブルーと思っていたし。でもホワイトもなかなかおいしいと思った。ブルーみたいに重くないから、すーっと飲める。

 カウンター越しのテレビでK-1をやっていて、そのあともPRIDEの番宣みたいなのを長々とやっていたので、格闘技好きな女の人達とか、いつのまにかやってきたD君とあーだこーだ言って盛り上がった。

Bass Pale Ale

 さて、激ウマのニシン茶漬けを挟んで、しめはBass。よなよなを入れて以来ぜんぜん出なくなってしまったBassだが、よなよなとは同じペールエールでも味の系統が違うので、よなよなの初物人気が落ち着いたらまた戻ってくるかも。

 そして、Bassはmannaで扱うビールのうちでいちばん炭酸が強いそうだ。無炭酸のよなよなとはまさに好対照。クリアでストレートな味なので、暑い日にはこれがいいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。