よなよなエール生がやばい

投稿者: | 2004年6月5日

 明日は外出するので今日洗濯した。その待ち時間にMannaに寄ったら、ついによなよなエールの生が始まっていた。飲むしかない!

よなよなエール生

 サーバを通さずに樽直でハンドポンプで出された生のグラスが目の前に置かれ、泡が座るまで待つこと一分。うおー、すばらしい泡だよ。

 一口飲んだらクヒー!!!やばいです。これはやばい。ギネスやヒューガルデン並みのきめ細かい泡の下に、炭酸を抜いた樽内熟成のリアルエールちゃんがペールエールとは思えないなめらかさで、香り高く鎮座しています。一気に飲めそうだったけど、鶏の手羽先の中華風を食べながら、大事に、ゆっくり、飲みました。ああああうめええ!

 この泡、飲み干す最後までちゃんと1cmくらいの厚みで残り、冠の役割を果たしていました。実測の結果、25分は持続するってさ。この店は設備もいいし、ほかにもガージェリースタウトやヒューガルデンの生が樽直で飲めます。みんな西荻まで飲みに来なよ!(・∀・)

 今日もD君、Yさん、そして前に一度同席したおねーさんの三人の顔なじみと共にカウンターに並んで座り、いろんな話で盛り上がる。おねーさんの焼酎の飲みっぷりはかっこいいし、Yさんの話術も楽しいし、D君のいじられっぷりが笑ける。

 途中でいったんお金を預けてコインランドリーに走り、乾燥機にかけて舞い戻った。戻ったところに、すっきり系の代表、Victoria Bitterを出してくれたのは気が利いていた。でも、よなよなを置くためにスペースが足りなくなり、他のいくつかの銘柄とともにレギュラーから消えるらしい。まあ、あのよなよなのためなら仕方ないよな。

Henry Weinhard's

 締めはアメリカのHenry Weinhard’s。白ワインのような豊かですっきりした風味。ちょっとピルスナーっぽいけどラガーなんだね。こういう暑い日の締めにはもってこいだった。

 カウンターにはいろんなゲームがあるけど、ルービックキューブがなかったので、3x3x3のをひとつ寄付してきた。崩して揃えたらやたら受けがよかった。これも立派な宴会芸だな。ルービックリベンジは引かれそうだが、3x3x3はちょうどいい感じ。解き方をマスターしていない人が暇つぶしにもてあそぶには2x2x2がいいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。