将棋部OB会

投稿者: | 2004年4月24日

 徹夜の後の長寝、そして目覚めとともに襲ってくる堕落感というのは、ダメ人間の烙印の儀式である。しかし、今夜も予定があるのだ。夕方に起き、のろのろ支度をして家を出た。

 江古田のA澤さんのお店「」でのOB会には、結構な大人数が集まっていた。すごいな。A澤さんの熱意と人望の賜物だろう。遅れて行ったので自己紹介タイムを逃したのが残念だったが、社団戦の決起会等でまた集まる機会もあるだろう。

 何局か指したり、後輩の作った小冊子を読んだり、近況や将来について語ったり聞いたりしたが、やはり楽しいものだ。いちばん盛り上がったのは大人数でのリレー将棋で、私の会心(笑)の6五歩により若手チームが作戦勝ちを決定付け、以後も終盤までリードを保ったものの、終盤にミスが重なり最後は逆転で年長チームが制した。

 こういう縦横に固いつながりを持つ集まりは独特のものがあるなあ。友達とか同僚とかとは密度があまりに違う。今後は社団戦チームの立ち上げがあり、活動が楽しみだ。自分はインフラ整備などを中心に役割を果たしていければと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。