Menu

CVSからSubversionへの移行

 CVSからSubversionへの移行はけっこう簡単だ。

  • レポジトリの移行

     cvs2svnを使う。今ではCVSのタグやブランチにも対応していて、ほぼ完全に移行できる。CVSのモジュール(というかプロジェクト)ごとにSubversionレポジトリを作るのがおすすめ。

  • CVSWebやViewCVSの移行

     ViewCVSのCVS最新版はSubversionに対応している。SubversionのPythonバインディングを使うので、FreeBSD portsではdevel/subversionを入れる際にWITH_PYTHON=yesを指定しておく必要がある。

  • cvs over sshの移行

     svn+sshというレポジトリのスキームが最初からある。

  • cvspserverの移行

     レポジトリ内のconf/svnserve.confでアクセス権等を設定し、svnserve(8)を上げるだけ。ポート番号は3690。壁越えはApache2で云々が必要になるが、まあそういうのは後回しでいいと思う。

  • $Id$等のタグ置換は?

     file1とfile2のタグを展開してほしいとしたら、こうすればいい。

    $ svn propset svn:keywords 'Id Date Rev Author' file1 file2
    property 'svn:keywords' set on 'file1'
    property 'svn:keywords' set on 'file2'
    $ svn ci
    (commitする)
    

    ただし、Revisionはファイルごとに系列があるのではなくレポジトリ内で起きる1 commitごとに付くので、CVSとは意味合いが違ってくる。また、1から始まるのでバージョン番号に転用するには都合が悪いかもしれない。ビルド番号、ならそれっぽいかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。