Menu

携帯宛の迷惑メール

 携帯のメールアドレスはどこにもさらしていないのに、携帯宛の迷惑メールがあまりに多い!すっかり頭に来たので、根本的な対策を取った。

 僕は、前から携帯に転送するメールアドレスを用意しているので、人にはそれを教えるから携帯のアドレスは教える必要がない。

 さて、まず一つ、受信許可するアドレスをひとつ用意する。これはなんでもいいので仮に「me@example.com」としよう。上記の転送アドレスに来たメールは、ヘッダのFrom:をこれに書き換えて転送するようにし、携帯側はそのFrom:以外のメールはすべて受信拒否するように設定する。

 しかし、Vodafoneのメールシステムはかなりいまいちなので、理想的の形にはならない。たとえば、「誰某 」からのメールが来たとする。本当は、メールのヘッダを次のようにしたい。

From: "誰某 someone@example.net" 
To: (自分の携帯メールアドレス)
Reply-To: someone@example.net

 これで端末がメールの差出人を「誰某 someone@example.net」と表示してくれれば最高なのだが、標準設定では生のアドレス(me@example.com)が出てくるだけの上、Reply-To:も効かない。

 From:でなくReply-To:を表示するような設定もできるのだが、そうすると受信拒否のアドレスマッチの対象はReply-To:の方になってしまい、うまくいかないのだ。

 しかたがないので、メール本文の頭に元のFrom:を付けるようにして妥協した。

From: me@example.com
To: (自分の携帯メールアドレス)

~誰某 
(...元の本文...)

 これで端末からの返信はいちおう簡単にできる。ただ、Vodafoneの無料受信は192文字までなのでこういう無駄は本当は避けたいのだが…。

 実際には、これに加えて差出人が自分の場合は出さないとか、Reply-To:が付いていたらそれも出すとか細かいこともやっています。Ruby + TMailで適当に書いたプログラムですが、そのうち気が向いたらさらします。ほかの人たちはどうしているのか興味があるなあ。よかったらコメントください。

6 Replies to “携帯宛の迷惑メール”

  1. DoCoMoでドメイン指定受信をしているのだが、どうもドコモのサーバはFrom: を見ないで、mail from を見て判断をしているような…。なので書換えて携帯に送信したり、MLをやるとFromが携帯なのに拒否される…。たしかに迷惑メールのFromはdocomo.ne.jpとかがおおいからとかの理由らしいが…。どうしたものか…。

  2. ほほー。それならEnvelope Fromを秘密のアドレスにしてFrom:はオリジナルのままでいけそう?
    関係ないけど、携帯って入力が死ぬほどめんどいよ。画面もでかくなってきたことだし、そろそろタッチパネル搭載でスクリーンキーボード希望。

  3. ( ゜д゜)モマイラもEZに汁!
    EZの場合だとFromだけのと、なりすまし拒否ってのあるべ。
    From がケータイキャリアドメイソのスパムをはじき可能。
    なんで、ドメイソ指定(許可/不許可)となりすまし拒否で快適メールライフがおくれまつ。
    んでもって、ケータイ文字入力は予想入力がイイネ(゜∀゜ )

  4. あれ、今みたらなおてる。おさわがせしますた。
    ※釈゚д゚) と表示されていたような。なぜか釈。

  5. 半角は化けるって書いといた方がいいかもね。
    ハンカク対応をちょっとやってみたが、やはり化けることがある模様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。