それでも懲りずに吉野家

投稿者: | 2004年4月15日

 御茶ノ水の吉野家でUの字テーブルを囲んで丼を食っている客達を見たとき、どうしてかふと、心にあたたかいものを感じてしまったんだな。

豚丼

 西荻に帰ってきてもそれが忘れられず、ついふらっと吉野家に入ってしまった。んあー!牛丼ないのに何食えばいいんだよ。きのこのやつはどうせビニール片入りだから、無難に豚丼にしましたが…。やっぱ豚丼は豚丼にすぎん…

 はっきりいってうまみがない。牛は脂身のぷるっとしたところを噛むとじわっと出てくる味わいがあるが、豚はバッサバサでそれが皆無。またも激しく後悔する結果となった。ま、豚丼など前菜だから味なんかどうだっていいのよ…。

カテゴリー:

それでも懲りずに吉野家」への6件のフィードバック

  1. ( ´,_ゝ`)

    そういや晩飯は二日連続ブタドソ&ケソチソ汁ですけど?そして朝はフジソバでダッシュ食ぃ。

    返信
  2. musha

    あんな牛肉の代わりみたいな調理方法では豚肉がもったいないぽ。
    ぜったいカツ丼の方がうまいと思うけど、設備がないから無理なんだろな。
    そして富士そば好きだネ!来週は富士そばの7階上でしょうぶだ!(・∀・)

    返信
  3. ogino.

    カツ丼だと設備だけじゃなくて400円以下に出来なさそう。吉野屋も400円に戻して牛丼やるわけにいかんのかねー。

    返信
  4. musha

    吉野家もマクドナルドも、一度安くしたらみんなそれがふつうになっちゃう典型かも。
    やっぱコストですかねー。あ、富士そばでカツ丼を食えばいいんだ。430円か。

    返信
  5. ogug

    松屋の豚めしは別物としてうまいと思います。結局アレ以来たべてないけど。

    返信
  6. musha

    同意!玉子をかけるとなかなかだよね。牛丼が復活するまでは吉野家はやめて松屋にしよ。。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。