家族の絆

投稿者: | 2004年4月13日

 連日、テレビで世界中に放映される、人質の家族の取り乱し、哀願し、泣き崩れる姿。うーん。ふつうの国に観光旅行に行って捕まったんじゃないんだぜ?放映する方も放映する方だよ。こぞって家族の不安や悲しみを煽っておいて、インタビューを垂れ流すなんてあんまりだ。気丈に、冷静に対処しているように見えた人質の人たちが、こういう映像を見たらどう思うだろう。

 周りが悲しむからこそ人質が脅迫の手段となるわけで、テロリストに単なる泣き落としが通用するとは思えない。ここ数年、オウム真理教による一連の事件や北朝鮮による拉致の被害者の家族の毅然たる態度を見て、日本人の家族の絆は今も固く強く、とても立派だと思った。だが、今の一連のマスコミの馬鹿騒ぎで、そういう美しいものが汚されている気がしてならない。意味もなくぞろぞろと実家に押しかけたり、情報がないって言っているのにマイクを向けたり、ほんとにクズのような連中だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。