Menu

東野圭吾「宿命」読了

  • 東野圭吾「宿命

     最後まで読んだが、創作過程が丸見えなので意外性を楽しむことができなかった。将棋などをやっていると逆算式の論理思考がすっかり身についているので、何かしら趣向を組み込んでもらわないと無機的でおもしろくない。具体的には、宿敵の二人の絡みの薄さと、それぞれが大人になってからの出来事や人物の描写不足が不満。宿敵、宿命というほどの因縁もインパクトも感じないよ。それともこれは布石的な作品だったのかなあ。テーマは長編向きだよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。