Menu

最近のローテーション

 シーズンがシーズンだけに、ファンタスティック*1系に走る。というか、今日の俺にぴったりな、眠い朝用のラインナップ。

  • Happy The Man「Happy The Man」 (1976, 1st)

     こんなにきらびやかで派手で幻想的な音楽はそうはないかもなあ。わくわくして小躍りしちゃうかもしれないなあ。聴いたことない人は聴けばいいのになあ。でもamazonには今在庫がないなあ…(´д`)

  • Happy The Man「Crafty Hands」 (1978, 2nd)

     時計仕掛けのように緻密なのに、叙情的でハートフルな音像。1stの夢の続きをどうぞ。これもamazonには今在庫がないなあ…(´д`)

    ライブ盤は在庫あるぽ。すばらしい演奏です。

  • Camel「The Snow Goose」 (1975, 3rd)

     これを聴いて鳥になろう。これ聴きながら昼寝すると気持ちいいんだ。

  • Caravan「In the Land of Grey and Pink」 (1971, 2nd)

     ほのぼのしているけど、わくわくもいっぱいな田舎の生活。なんてね。Pye HastingsとRichard Sinclairのふたりの声が優しくていいなあ。

  • Bruford「One of a Kind」 (1979, 2nd)

     Bill BrufordのひねくれドラムとAllan Holdsworthの変態ギター。U.K.の1stの夢の続き。Dave Stewartのキーボードもさすがにかっこいいなあ。変拍子の中でもJeff Berlinのベースはノリノリ。(でも変拍子はもう演りたくないって。わら)

 リンク貼ったりして疲れたからまたあとで。

2 Replies to “最近のローテーション”

  1. テクニカルなジャズ・ロック・フュージョン!?

    Happy the Man / Happy the Man {1976} 熱心なプログレ・フリークの中では、アメリカン・シンフォニック・ロックの頂点として認知されているグループ。 1. Starborne 2. Stumpy Meets the Firecracker in Stencil… 3. Upon the Rainbow..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。