Menu

鬱陶しい街

 頭痛でイライラしているのに、街を歩くと無遠慮なキャッチセールスやチラシ配りの連中が鬱陶しい。ヘッドホンをしているのに話しかけてきたり、荷物で両手がふさがっているのに物を手渡してくるやつらはいったい何なんだ?「手相の勉強してまーす」って寄ってくんじゃねえよ。勉強は家でやれ。いちばんむかつくのが目の前に手をかざしてくる奴ら。行きに不意にそれをやられて身の危険を感じたからしばらくにらみつけてやったが、帰りにもまだ同じやつがいて同じことをしてきたので、すかさず手刀で反撃したら手を引っ込めた。人を不快にすることを承知でやっているとは何という悪質。捕まえやすそうな人に当たりをつけるのが職業的技能じゃないのか?

 人混みは、嫌いです。

2 Replies to “鬱陶しい街”

  1. せっかくヘッドホン+腕組み+前方直視という全面拒否を表明しているのに、構わず目の高さに手を出すのは反則だろう。
    何度も傘の骨が目に入る危険を経験しているから、目の高さのものには敏感です。最初から手を上にかざしておけばいいかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。