Old Speckled Hen

 帰りが遅くなり、ラーメンなどで夕飯として足りるわけがないので、炭水化物を効率よく取るべくいつもの店へ。

 さっそくおすすめがあるというので、その「Old Speckled Hen」を賞味。クリーミーな泡とまろやかな香ばしい苦み。ビスケットをミルクティーでいただくような、そんな気分が楽しめます。これはすばらしいなあ。これぞイギリスのプレミアムエール。

 醸造所の隣にあった工場で作られていた自動車が、そのまだら模様から”speckled hen”という愛称で呼ばれ、そこから愛着を持って従業員たちのこともそう呼ぶようになっていたそうだ。そして、醸造所ですばらしいビールができたというときに、”Old Speckled Hen”*1という名前を付けたいがどうか、と自動車の会社に持ちかけたところ、快諾されてこの名前になったとのこと。なんかいい話だね。

Hoegaarden生

 そして今日も(?)Mさんがいたので、その場でフレリンにお誘いしました。入ってもらったけど、モニターで立ち回るヨーダがかわいくてそちらに夢中ですた。(・ω・)

 二杯目は樽開けたてのHoegaarden生。このこんもりな泡でフレリン仲間を誘導…。見事ですね。もちろんおいしかったよー。

 楽しい時間はあっというまに過ぎ、また明日があるので、飲んだくれどもを置いて帰りました。(わら

 明日はいつもより早いんだYO!


Categories : ビール