Menu

地元で飲み直し

 今日は、アサヒスーパードライという炭酸飲料と、サントリーファインブリューという薄いトマト果汁のような味のする飲みものしか飲んでいないので、地元で飲み直すことにした。

 いつもの店に行くと、YガタさんとKイさん、そして初顔のM見さん(♀)がいた。寝不足と暑い中の外歩き、そして面談と囲む会でめちゃくちゃ疲れていたので逆にテンションを努めて上げてみたら、すぐにYガタさんに見破られた。猫をかぶって生きていると、ジェントルマンなんて呼ばれていい気分になったりもするが、本性を暴くような人間に出くわしたときは要注意だ。(・∀・)

Pilsner Urquell

 一発目は久しぶりのPilsner Urquell。元祖のうまさはいつも変わらない。眠っていた味蕾を呼び覚ますようなさわやかな味わいだ。

 しゃべりながらゆっくり飲んでいると、Moinetteのお裾分けをいただいた。これはおいしいなあ…。桃の実りを思わせるような濃厚な香りと味わい。アルコール度も8.5%と高いが、おいしくて飲みすぎる危険も伴う。女の子にぜひ飲ませたいビールです。

 これもゆっくり飲んでいたら、嫌がらせのような代物、「みやもりワサビエール」が回ってきた。ひー、なんというにおいだ!硫黄臭というか、下水のにおい。緑だし!セサミストリートのオスカーを思い出してしまった。鼻をつまんで飲めば味はまあまあなのだが…。

 Moinetteで口直ししていると、今度はM見さん持参の青森の地酒、「田酒」特別純米が振る舞われた。これはうめー!!米の素朴なまでの甘みが、舌の上で満開する。こうして冷やで飲むと後味のふわっとした風味がたまらない。ぬる燗もうまいんだってさ。日本酒もいいものだなあ。

 またしばらくすると、KイさんのSpringbank 21年のお裾分けがあった。すばらしい香りと長い長い余韻を堪能しました。ンハァー!うまい!

 結局4時くらいまで飲んで散会。でも、これだけいろいろ飲んで1,270円。「えー!!」と叫んでしまったよ。考えてみたら、自分で注文したのはPilsner Urquellだけだった。なんかお得な一日。(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。