Menu

再び読書づく

  • 東野圭吾「魔球

     結局二日で読了。早熟の天才を襲った悲劇を鮮やかに、そしてやさしく描く。読みながら、すべての伏線が見事につながっていくのをただ見ているしかなかった。悲しい話だけど、最後は少し救われるね。

  • 稲垣史生「考証日本史」(河出文庫)
  •  歴史小説好きのT崎さんに借りた、歴史の裏話を集めた本。諸説をあげた上でひとつずつ考証するという中立的な立場なので素直に楽しめる。こういう読み物もたまにはいいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。