悪夢

投稿者: | 2004年6月5日

 いやな夢を見た。悪夢を見るときは、たいがい膝を立てて寝ている。今日も目が覚めたらそうだった。寝ているときに膝がカクンと倒れると、どこかに(なぜかちゃんと背中から)落下して目が覚めるのだ。

 昔の彼女と、最悪の別れ方をした。現実には、感情のしこりもなく別れたのだけど、夢ではつらい言葉をもらい、つらい言葉で返して、あとで後悔するような形で別れた。ああ、なんか心が痛い。美しく別れたと思っていたけど、心の中にもやもやを抱えこんで心中しただけだったのかな。

 あと、PCが炎上した。復旧の手順が瞬時に浮ぶんだけど、火事にならないと火災保険は降りないよなあ、消さないでおこうか、なんてアホなことを考え、煙が出ていく中でなんかめんどくさくなって放置しているという図。

 書いていて思い出した。すさまじいスキーの様子を見た。巨大なカルデラに雪が積もり、そこをスノボーのハーフパイプのようにダイナミックにすべりまくる。最後は空中にジャンプして吹っ飛んでくるくる回って落ちるというものだった。おそらく、スキージャンプ・ペア(DVD, 公式サイト)やこのリアルマリオを昨日久しぶりに見たせいだな。

 ああ、今日は早い時間から飲みたくなってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。