Menu

桂亭のラーメン

 夕方、久しぶりの洗濯をした。例によって洗面所には洗濯機を置くスペースがないため、コインランドリーに大量の洗濯物を運びこんでがーがーとやる。

 待ち時間に、お腹が空いたので桂亭に入った。ここはたまーに来るが、喜多方風の自家製麺が売りで、店内にはそれっぽいにおいが充満している。病みつきな人がいる一方、苦手な人もいるだろうな。俺?ふつうです。

ラーメン

 ラーメンを頼むと、麺を両手でぐりぐりと丁寧に揉んでから茹ではじめた。今日はラーメンにしたが、縮れ平麺なので濃厚なスープの油そばやつけ麺に向いていそう。スープに脂っ気はほとんどなく、醤油味で濁っているが、煮干しではなく鶏ガラ系のようだ。具はチャーシュー、メンマ、ねぎ、海苔と東京のラーメンとしてはオーソドックスだが、あまり大したことはないかな。全体的に、麺も含めて食感がぐにゃぐにゃしている。なにか素朴な食べ物という感じで、作っているあんちゃんのイメージそのままだ。ただのラーメンよりも、ちょっと変わったものを頼んだ方がおもしろそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。