Menu

iBook – Another Launcher

 OS X用のlauncherは腐るほどあるが、なぜかどれもこれもポインティングデバイス志向なので、マウスならまだしもトラックパッドだと使いづらいことこの上ない。ごく一部には、数文字を入力すればインクリメンタルサーチでアプリケーションを検索してくれるソフトもあるが、いちいちハードディスクをガリガリ探しにいってインデックスを作ったりと、iBookのようなディスク性能もCPUも貧弱なノートでは実用にならない。(無駄なバッテリも食うしね)

 スタートメニューのような単純なものはないかと探したが、意外と見つからないんだよね。で、今使っているのはAnother Launcher。多機能なソフトだが、ショートカットキーでメニューを出して選ぶというだけのシンプルな使い方をしている。

 ところで、Macのメニューインターフェースにはひとつ問題があり、Xで始まる項目がひとつしかないときにXを押しても、その項目に移動するだけでReturnを押すまでは確定されない。これは誤操作を防ぐ老婆心だろうが、スパスパとキー操作したい側としてはなかなかまどろっこしい。そこで、OS Xでも3ストロークで何でも開けるよう、サブメニューにショートカットキーを割り当ててみた。すなわち、Ctrl+Option+IでI – Internet Applicationsが開き、SでS – Safariに移動、Returnで確定、という具合だ。

 これでなかなか快適に暮らしている。あまり周りのユーザからはそういう使い方をしているという話を聞かないが、いちいちドックのうねるアイコンにカーソル合わせて開いたり、デスクトップ一面に広がるアイコンから望みのものを選んだり、めんどくさいことしてんのかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。