Menu

同窓会

 中高*1の将棋部の現役とOBが集まる日。当時の通学に使った路線バスに乗り、夕暮れの湿った風のにおいをかいでいると、懐かしい頭痛と、研ぎ澄まされた意識がよみがえってくる。あの頃の万能感と根拠のない自信、尽きることのない情熱…。

 東門からキャンパスに入ると、見慣れた風景そのままだった。立体的な造りの校舎、テニスコートがひとつ、ふたつ、構内を流れるすすぎ川、そしてクラブハウスもそこにあった。ややゆがんだ*2重い扉を開ければ、散らかった床も、ボロボロの備品も、この時間になると暖房がつかないのも、人々の妙な熱気も、何もかもがあのときと同じで、変わっていないことに驚いた。

見廻りの守衛さんが甘いことまで、当時のままだった。

 正直を言えば、自分たちの代で部への昇格を果たしたものの、一つ上の代や自分が抜けたあとがどうなるか心配だった。だが、今ではこんなに部員が多く、共同の部屋も隣の同好会やらを食って半分以上占拠している。すばらしい限りだ。

 その場でトーナメントが組まれ、何人かの現役生と指すことができたが、皆筋がよく、楽ではなかった。指導するどころか逆にされかねなかったが、時間の短い将棋ということで何とかごまかし、おとなげなくも優勝して面目を保った。さらに、自分たちの頃は人数が少なくてなかなかできなかった伝説の六人将棋を、それも同時に二組もやったのが、いい思い出となった。現役生の層は厚く、みんな有望だなあ。今日来ていない子らのことも、推して知るべしだ。

 いつのまにか夜も遅くなり、いよいよ暖房なしでは寒くなってきたのでお開きとなった。正門の方から出たが、大学はかっこいい下からの照明が付いていて、校舎も立派なのができていた。あ、今思えば、図書館の中庭を通って大欅を見ていけばよかった!次はあれを見ながら賛歌*3を歌い、我が校の三理想を唱えよう!(校風に合わねー!)

 打ち上げは、OBのA澤さんのお好み焼き屋で開かれた。お好み焼きは、焼き方に激しく個性が表れる。特にSさんの(前衛的な)作品にはワラタ。

 鉄板を囲み、各人の近況や、今日は不参加だったOBの消息*4の話で盛り上がった。M本君には退屈だったかもしれないね。しかも、あまり参考にしてはいけない先輩の話が満載で、むしろ有害だったかもしれない。だが、黙々と、しかし手際よくヘラを操る彼のもんじゃ焼き術は、まさに衆目を集めた。できあがりも完璧で、おいしかった。次回も彼と同じ卓をキボンヌ

 改めて思ったのは、将棋みたいなもので頭を酷使すると、あまり酒が飲めないということだ。軽く二杯飲んだだけに留めたが、飲むとすぐに頭が痛くなってきてしまう。そう、将棋部員が部室に酒を持ち込んで飲んだりしないのには、ちゃんと理由があるのだ。

 話に花が咲いた後は、鉄板に新聞を敷き、盤を置いて何局か指した。そしてなぜか、最後はスーパーマリオ3の最短クリア動画鑑賞会となった。つか、なんでもまいら揃いも揃って全員2ちゃんねらーですか( ゜Д゜)ゴルァ

 というわけで、たのしかったです。またいつか集まろう。あ、写真撮るの忘れターヨ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。