Cygwinでがんばるのも疲れたので、coLinuxを入れてみた。昔ひどい目に遭ったのでトラウマ気味だったんだけど、0.6.3はかなりいいね。常用ノートPCがパワフルなことに救われているとはいえ、これほど快適に動くとは!

 サービスとして起動しているが、一瞬でブートし、裏で動かしていてもぜんぜん重くならない。そして以前はまった問題はすべて解消していた。cofsは安定してるし、ディスクI/Oを含め快適な速度で動作するし、ネットワークもすんなりTAPで開通。

 ファイル連携は、cofs経由でファイルコピーしてSoWに渡せばOK。まあ、直で開くのは怖いからHTTP URL渡しだが。

 ところで、ネットワークスループットがえらく悪いので、colinux-net-daemon.exeのプロセス優先度をProcess Explorerで上げたらかなり改善した。

 OS X Leopardも来春らしいし、MacBookにCore 2が載るのもその頃だろう。それまではこの環境で十分耐えられそうだ。めでたしめでたし。


Categories : Tech