以前、メモリ8GBのマシンでのZFS用チューニング設定を紹介したが、昨年中に8.2-STABLEに入ったvm.kmem_size_scale, vm.kmem_size_max, vfs.zfs.arc_maxの自動設定が8GB超のメモリを積んだマシンにとっても適切なものとなり、無設定でも運用上支障がなくなった。
zfs-statsでカーネルメモリの使用状況やARCの統計情報を見て問題がなければ、これらの値を手で調整する必要はもうないだろう。あとは、どのくらい書き込みアクセスが発生するか、データロス時のダメージはどれほどかを見つつ、以下のような項目だけを残して運用している。
/boot/loader.conf:

vfs.zfs.txg.timeout="5"
vfs.zfs.prefetch_disable="1"

/etc/sysctl.conf:

# 2GB
vfs.zfs.txg.write_limit_override=2147483648

Tags : ,
Categories : Tech