最近、ケータイでは「最強 東大将棋」の通常対局で遊んでいる。一手25時間と持ち時間が長いので移動や休憩の時間に進められるのがいい。まだサービス開始からまもないので会員が少ないのが残念だが、激指と相互乗り入れしているようなので手薄ながらもけっこうな頻度で四、五段クラスとも指せる。感想戦がないので、勉強というよりは腕試しと思ってやる。
ただ、有段者にとっては、スタートできるのがR1850の初段からというのがつらい。勝率9割超で80局近くこなしてようやく、R2300の五段が目前となった。Rが下と思って指していた相手には気の毒だが、それは自分の身にも降りかかることだから、相手のRによらずベストを尽くしましょうということだろう。(プロ同士なら当然のことだが、アマではブラフ込みの駆け引きも勝負の内)
プロ棋戦は、目下久保棋王の活躍で俄然盛り上がっている。羽生から王将を奪って二冠となるか目が離せない。順位戦は明後日がA級最終局。すでになんと佐藤の陥落が決まってしまっているが、前期昇級の井上はまだ残留の可能性があり、高橋に至ってはプレーオフ進出の可能性もある。三浦が勝って自力で初の名人挑戦を決めるか、あるいは破れて最大三人のプレーオフに突入するのか。来期はB1からは久保とともについに渡辺が上がってくるし、順位の重要性を考えれば消化試合はない。本当にわくわくするね!
最近はなかなか生で中継を見たりまでは手が回りませんが、後追いであってもネット中継およびテレビ棋戦は全局観戦しています。最近は女流の将棋も観戦に耐えるものになってきているし、ソフトの進化で自動検討の精度も高い。どうぶつしょうぎLPSA公認)の人気や、HIDETCHIさんの動画などを端緒とするさまざまな国際普及の動きなどなど、自分も何かしたくてうずうずするほどのにぎやかさ。

やー、すばらしい。何につけても、本当にいい時代を生きていると実感する。なんでもしなきゃな。


Categories : 将棋, 日々