レバー

 ここから最終ラウンド。まず、ちょっと生肉以外もいってみようということでレバーを注文。

 これまた、実にうまい。焼き具合もよかったのだろう、歯触りもよく、中はとろっとしていてクリーミー、それでいて生臭さはない。

切り落とし

 そして、切り落としの平盛り。部位は不明だが、これが思わぬ伏兵だった。価値ある噛みごたえ、とでも言おうか、噛むほどに肉汁が染み出てくる。

 どれか一皿だけ、と言われたら、これを選ぶのが楽しいかもしれない。そのくらいおすすめ。

赤身の肉刺し

 これは赤身の肉刺し。俺は生で食べられるものは生で食べるのが好きなのでそのまま食べたけど、残る二人はあぶって食べていた。おいしそうだったけど、やっぱり生の食感は捨てがたいのでここは我を通した。

亀の甲
亀の甲を焼く

 そして珍しい亀の甲。しん芯や友三角と同じしんたまの一部位。適度な霜の降り方が美しい。一口で十分に満足できる、極上の味わい。

 いやー、本当に肉を堪能した!淡路牛は本当にすばらしかった。ネギ塩の塩が少しきつかったのと、サイドディッシュがおいしいんだけど高いことが気になったくらい。肉そのものを楽しむ組み立てにするのがベストだね。

 ここはぜったいに再訪したい。手つかずの限定メニューも気になるしね!


Categories :