夜は、先週末に予約した「焼肉くにもと」の新館へ。ここは時間厳守なので、仕事を途中で抜け出しちゃいました。

 浜松町駅南口の、細い下り階段の出口を出て、3,4本目を右に折れて2ブロック目にあった。なぜ本店でなく新館にしたかというと、本店は生ビールがアサヒだから。まあ、焼肉だからスーパードライでも我慢できなくはないが、姫は許せないらしい。俺も避けられるなら避けたい。それに新館はテーブル席なので楽だ。

 さて、時間厳守、人数厳守、最初の数皿分の注文はおまかせ、という注文の多い料理店だが、それらを呑んでのれんをくぐれば、接客はすばらしい。もちろん、そうした店の方針を支持した客が集まるのだから、馬鹿騒ぎの嬌声などは聞かなくて済む。先週の某有名焼肉屋とは大違いだ。

サラダとキムチ盛り合わせ

 まずは、一番搾り生で乾杯。サラダとキムチ盛り合わせを注文して、軽くつまみながら肉盛りの到着を待つ。

 むろん、その間もメニューのチェックに余念はない。限定メニューもいろいろあってかなり迷う。迷ううちに別のテーブルにうまそうな牛刺しが運ばれてきたりして、肉欲は高まるばかりだ。

おまかせ肉の盛り合わせ

 たったの数分ながら、永遠にも感じられた待ち時間。しかし!ついに肉盛りが到着!WOOOOOOOOOOH!!

 これは美しい。見ただけでうまいと分かる。と同時に、みんなそれぞれ食べる順番を頭の中に組み立てる。だんだん柔らかく、だんだん濃厚になっていくのが望ましいが、しかし、アクセントを残すことも重要だ。

ハラ

 さて、まずはハラを焼いて戦闘開始!やっぱり火は炭だよな。網が不安定になるくらいにこんもりと炭が盛られ、火力は十二分。肉を楽しむ最上の道具立てだ。

 ほどなく焼き上がったハラを賞味。塩なので若干淡泊だったが、スターターにはちょうどいい。適度な歯ごたえを残しつつ、しかし十分に柔らかい。薬味のわさびもいいね。

 いやあ、ビールがうまい。次は何を焼きますかね…。


Categories :