窒息鳩盛り合わせと岩手産和牛のサガリ
短角牛の芯ロース

 さて、ここからが本番。目当ての窒息鳩の盛り合わせ、岩手山和牛のサガリ、短角牛の芯ロースと三皿が到着。

 サガリって初めてだけど、横隔膜(ハラミ)からぶら下がった部位なんだね。なじみあるハラミよりもやわらかいけど、適度な歯ごたえはあっておいしい。

 短角牛の芯ロースはこれぞ正肉の貫禄。脂は少ないがジューシー。ということは、まさに肉汁を味わっているということか。やっぱりハラミやカルビばっかり食っていたのではいけないね。

窒息鳩の正肉
窒息鳩の骨付き肉

 そして、いよいよ窒息鳩です。すばらしい血色と濃厚な血の香りに食欲が掻き立てられる。それを塩胡椒だけで、目の前で焼いて食べるという贅沢!正肉、骨付き肉、ハツ、レバー、砂肝とまるまる一羽の各部位を楽しめます。正肉のぷりぷりの食感、きめ細かな肉質、芳醇な味わい。骨の際もおいしいし、モツも粗さがまったくない完成品。レモンもいいがタレとの相性も捨てがたい。ビールもいいが、赤ワインでいただきました。

 この鳩は今回限りの触れ込みだったが、後日レギュラー化するとの話を聞いた。フランスの品種を茨城で育てているのだそうだ。このクオリティが安定供給されるとはすごいね。


Categories :