渋谷警察署向かい、チャオタイのあるビルの二階、「東京トンテキ」に入った。

 店内はオープンキッチンで、コック2,3人が仕込みをしている。ちょっと見えすぎでなんか気まずい。目の前で油揚げの油抜きをしてくれなくても…。

大トンテキ定食

 フライパンに乗って出てきたのがこの大トンテキ定食。肉厚で立派な豚肉で、歯ごたえ十分。かなりタレが濃いので、そのまま食べるとしょっぱい。一味やバルサミコ酢をかけたり、マヨネーズを少々付けたり、千切りキャベツでくるんだりして食べる。このキャベツが、軽く火が通ってしんなりとしていて具合がいい。

 バルサミコ酢はタレとの相性が抜群だった。それでもタレはまだ濃い。だんだん飽きてくるので、一味やマヨネーズでアクセントを付けるが、とたんに味が安っぽくなってしまう。また、味噌汁は煮詰まっていて濃い。自然とごはんが進むが、お代わりは150円もするので手が出ない。

 してみると、並のトンテキ定食がちょうどよさそうだ。あるいは、タレ薄めと言えばそうしてくれるかな?


Categories :