これを今まで聴いていなかったのはもったいなかった。「Printed Jelly」ではフロントマンが森園勝敏から佐藤ミツルに替わっても情緒あふれる陶然とした音楽性は残っていたが、さらにポップ路線を押し進めた「bao」はあまり心に響くものを感じられなかった。

 ところが、次作で’70s最後、そして当時の四人囃子最後の作品、「NEO-N」はただのテクノポップかと思ったらとんでもない。緻密な変拍子と変則コード進行が、コミカルでたまらなく心地良い。ヴォーカルとギターはすっかり後ろに引いて、エレクトリカルなアンサンブルのピースになっている。

 収録曲の中ではN・P・K(4:4:2)をいたく気に入ったので、0分23秒〜0分39秒くらいを着信音にした。SoftBank 911Tは、SMAFファイル(.mmf)にしてmicroSDに入れて本体にコピーすればいいだけなので楽だ。いい感じ。


Categories : 音楽