ssh-agent-proxy(1)の0.0.2をリリースします。0.0.1からの主な変更点は以下の通り。

  • 作ろうとしたソケットがすでに存在する場合、実際に接続可能かをチェックし、もし接続できなければ削除してソケットを開くようにした。
  • すでにdaemonが上がっている場合も環境変数定義を出力するようにした。
  • -kでdaemonの削除ができなかった場合は非0のステータスコードを返すようにした。
  • -qを新設。重要でないお知らせメッセージの出力を抑制。

 これで、ログインスクリプト内に次のように書けばよくなりました。めでたしめでたし。

eval $(ssh-agent-proxy -q 2>/dev/null)


Categories : Tech