最近のテーマは、さまざまな個人データの管理方法。

  • ブックマーク

     RSSの購読管理も含む。今のところ、XBELで各端末・ブラウザ間でのブックマークリストの同期を取る程度しかできていない。

  • アドレス帳

     メールのアドレス一覧、携帯のメモリダイヤル、IMのコンタクトリスト、住所録などを統合。

  • スケジュール帳

     一部カレンダーの共有を含む。誕生日や記念日はアドレス帳のデータを引くように。

  • ID/パスワード帳

     各種ユーザ認証用データ、ソフトのシリアルナンバーやライセンスを含む。参加メーリングリストなども管理できるとなおよい。ID/パスワードとその期限管理を基本としつつ、メールアドレスやURL、登録の解除方法なども含めたい。

 これらをそれぞれセキュリティを掛けつつ一元管理し、履歴も残るようにしたい。また、相互データ利用も必須。

 OS XはvCard/vCalendarなどのオープンスタンダードをサポートし、アドレスブックのデータから誕生日カレンダーを自動生成・更新できたり、iSyncやiTunesでスマートフォンやiPodなどと簡単にデータ同期できるなど、かなりいい線を行っている。サードパーティ製品もそこに乗っかっており、相互運用性は高い。

 だが、問題はいろいろある。まとめきれていないが、いくつか挙げるとこう。

  • アプリ間の細かい非互換と、同期によるデータ劣化が悩みの種。現状ではいちばん機能が多いもので管理するしかない。
  • Mac OS X, FreeBSD, Windows XP, Linux, Symbian OSなどの環境を常用するので、クロスプラットフォームは重要。いつでもどこでも更新して、他環境に同期反映したい。
  • やはりコンソールでのインターフェースは必要。Emacs calendarやhowmとの連携も模索。

 具体的なことは追い追い。


Categories : Tech