おととしの暮れに家の近所のモスが閉店して以来、どうもハンバーガー食が減っている。やはり帰り道にお店があるというのはそれだけで大きな影響を与えるのだなあ。

 さて、昨日ハンバーガーを食べそびれた姫のバーガー欲は増すばかりなので、青梅街道のモスバーガークイーンズ伊勢丹店に買い出しに行ってみた。ちょうど、数量限定の匠バーガーは14時から販売開始なのでちょうどいい。まだ食べたことないし楽しみ!

 自転車をひと漕ぎしたら、意外と、というかものすごく近かった。まあ、深夜は空いていないので休日の昼にしか利用機会はないけどね。

 店に入ると子供連ればかり。きゃーきゃーうぇーんうぇーんうるさいが、そういう場所なので我慢。とはいえ靴を踏まれたりしたら気分最悪なので、周りもろくに見ずにはしゃぎ回る子供がいればハブにらみで大人しくさせる。だが、ぜんぜん関係ない女の子がびびって泣きそうな顔になってしまい少し参った。

 それにしても待たされる。店員は7人もいるが見ての通りの盛況で忙しそうだ。10分以上も待ち、匠十段とアボカド山葵、そしてシーザーサラダを注文。ところが、ドレッシングを「シーザー」にするか「和風」にするか聞かれて戸惑う。シーザーサラダならシーザードレッシングじゃないのか?!まあ、軽く和風にしてみた。

 初の匠となれば、15分待ちも何のその。調達に30分も掛かったが、おいしいならいいや。

モスバーガー匠の箱
モスバーガー匠「十段」
モスバーガー匠「アボカド山葵」

 まず、十段の方は全部入りという感じ。その見た目、ボリューム、味には、ハンバーガーを食べた〜!と実感できて満足。デミグラスソースがたっぷり付属してくるけど、かなり味が濃いのであまりかけない方がいいと思う。

 アボカド山葵は、山葵をたっぷりつけるとおいしいね。肉にもアボカドにもよく合う。

 どっちも、この出来なら値段の価値はあると思った。むしろ安いかも。ちゃんとしたハンバーガーを食べようと思ったら、KUA`AINAでもWolfgang PuckでもVillage Vanguard Dinerでも千円近くするしね。ごちそうさま!

 そうそう、モスからの帰り際、某有名自転車店でk氏を発見。仕事をする姿ってかっこいいね!(飲んだくれ姿との落差か?!)


Categories :